無意識な行動が金運アップに繋がるのかもと思います

私はお金が減ってピンチになると、まず身の回りの物を片付けます。散らかしっぱなしの物や古くなった物を片付けたり捨てたりすると、その数日後にロト6やミニロトの末等が当たります。
何故そのようになるのか理由はわかりません。

加えて、台所やトイレの掃除を念入りにするのも即効性があります。臨時収入が欲しいときは水回りを掃除するのが良いのかもしれません。
ただ掃除する時の心掛けも重要で、お金欲しさで掃除しても金運アップはしません。経験上、無心・無意識に近い状態で掃除をした時のほうが臨時収入に恵まれやすいです。一生懸命、汚れた箇所をキレイにしようという事だけを考えて取り組むのがコツでしょうか。

20161212

無意識にと言えば、いつもと違った行動をした時にも臨時収入が発生することがあります。例えば普段通らない道を通ってスーパーに買い物に行く、飲食店で普段は注文しない物を注文するなどです。特に前者はかなりの頻度で臨時にお金が入ってきます。
いつも通いなれた店に普段と違ったルートで行って、ナンバーズ4のセットストレートがその日のうちに高額当選した経験があります。この場合も無意識にとった行動というのがポイントでした。

後日、何故あの時普段と違った行動をしたのだろうかと思うのです。不思議な事にお金が欲しい欲しいと心の中で連呼している時には金運は上がらなくて、少し忘れかけた頃にお金が舞い込んでくるんですよね。
お金が欲しいという気持ちは常にありますし、その欲を捨てるなんて無理な話ですが、これからも出来るだけ無心・無意識で行動し、あわよくば金運アップに繋がれば良いなあと思います。

神社のお参りをしたら金運が良くなりました。

神社のお参りをしたら金運が良くなりました。ではどのような神社に行ったかというと、「人が見向きもしなそうな行かなそうなボロボロの小さな神社」です。

20161109

その見向きもしなそうな神社にいくらのお賽銭を入れたかというと、自分が出して「ちょっとこれはだしすぎかな?出費がきついなー」と思えるくらいの金額をお賽銭として出しました。滅多に神社に行かないのですが、たまにお金がないなーとか、お金周りが悪いなー、と感じるときはこのような神社にお参りに行きます。

心屋仁之助さんがお金関連の本でも書いていましたが、実際にそのような人が見向きもしなそうなさびれている神社、社などの1万円もお賽銭を入れた人の話が載っていましたがその効果は人それぞれですがてき面のようです。

私も実際近所にそのような社があるので何年か前にやってみました。すると突然の臨時収入があったりしたので驚きました。そして最近また「お金周りが悪いなー」と感じて近くの社にお参りに行きました。お賽銭も奮発して自分自身が痛いなーと感じる金額を出してきました。すると、また突然の臨時収入がありました。そしてお金についても真剣に考えるようになり無駄遣いをなくすように考え始めました。

金運が良くなるというのはただ臨時収入が突然あるだけでなく、お金を大事考えることが出来るようになること、無駄遣いを意識してなくしていけるようにすることでもあるのだと実感しました。

日本遺産「大山祇神社」へ訪れると、10万円の旅行券当選!

愛媛県の「大山祇神社」へ行ってきました。
今治市の瀬戸内海に浮かぶ島の一つ「大三島」に位置しています。

県内最古の神社で、県内外から多くの観光客が訪れます。
風水で「四神相応」と呼ばれる方位に位置した神社で、間違いなくパワースポットであるそう。
立派な神社であることはもちろん、圧巻なのは樹齢2,600年を超える樹木が存在することです。
息を止めたまま3周すると願いがかなうと言われています。

20161014

実際にチャレンジしてみましたが、1周もできませんでした。
金運アップを願うのですが、その夢はかなわず?
それだけ大きな樹木なんだなと実感しました。

旅行を終えて1週間経ったころ、思いもよらぬ出来事が起こりました。
郵便受けに入った見慣れない封筒。
見ると「HIS(旅行会社)」からでした。

旅行を申し込んだ覚えはありません。
恐る恐る封筒を開けると、なな、、なんと「10万円の旅行券が!!」
よく見ると、クレジットカードの自動エントリー応募キャンペーンで当選したとか。
こんなことは初めてだったので、夢みたいでした。

もしかして、これは大山祇神社へ訪れた効果だったのかも。
息を止めて3周は回れなかったけれど、神社を参拝することで金運を寄せ付けたのかもしれません。

ますますパワースポットに訪れたくなりました。
次はどこへ行こうか考え中です。

台湾のパワースポット

私が金運アップで効果があったと感じているのは、台湾の龍山寺参りです。
台北市にあるこのお寺は、強力なパワースポットになっていて、連日観光客はもちろんのこと地元の人々で大変な賑わいを見せています。
台湾の人は信仰深い人が多いのか、朝はもちろん夜も参拝客が絶えません。

龍山寺には様々な神様が祀られていますが、私が特にお祈りをしたのは、商売繁盛の神様です。
どの神様が商売繁盛か分からなくても、ボランティアスタッフの方々がいるので、聞けば優しく教えてもらえます。

参拝の仕方は簡単です。
ボランティアの方々が配っているお線香をもらうか、売店で購入するかして、お線香を用意します。
1つの香炉につき、お線香を一本入れていきます。
入れる前に、心の中で、神様に挨拶をします。
名前、生年月日、住所を唱えて、3回お辞儀をして、お線香を入れるだけです。
それを、それぞれの香炉につき、繰り返します。

私は参拝したとき、仕事を辞めて台湾に留学中でした。
次の仕事のあてはなく、どうしたものかと悩んでいましたが、幸いにも台湾で良い仕事の縁がありました。
台湾で知り合った人から、いくつか仕事を紹介してもらえて、現在も続けられています。

参拝後に恋人ができて結婚した友人もいます。
大勢の人が参拝する龍山寺のパワーは絶大だと感じています。

財布を綺麗にして金運アップ

財布のお手入れをしたところ、金運が改善されたように思われます。

私は極度の面倒くさがり屋で、いつももらったレシートなどはそのまま財布の中に溜め込んでしまい、さらに使わないポイントカードなども沢山いれてあるので、常に財布はパンパンな状態でした。
前から気になってはいたのですが、面倒で放置していたのですが、いい加減人に見られた時にも恥ずかしいと思い、財布の中身を軽くすることにしました。

ついでに革の財布でしたので、お手入れもすることにしました。
革靴用のクリーナーで汚れを全体的に落とし、その後保湿のクリーム(こちらもまた革靴用のもの)をぬりました。
失われていた艶もよみがえり、綺麗になりました。

photo

そのおかげかわかりませんが、先月は非常に副収入の多い月でした。
オークションサイトで不用品を多数出品していたのですが、そのほとんどがすぐに売れてしまい、買い手がつくか怪しかった家具などもすぐに入札者が現れるなど、どんどんと売れていきました。
また面白いことに、ブランドの鞄も出品していたのですが、一度は買い手がつかず、オークション期間が終了してしまったのですが、後日別の出品していた商品のページの質問欄に、あのときの鞄に入札しそびれてしまったのでまた再出品してほしい、という要望があり、こんなこともあるのかと大変驚きました。
すぐにまた鞄も再出品しましたが、結局ほかの入札者も現れ、予定よりも大きく金額を上回り落札されました。

驚きの連続だったのでこれは財布を手入れしたせいだとしか思えません。

お金は生き物であるからして、大切に扱う

誰でも自分にとって大切な物は綺麗に扱うはずです。
お金は大切なものであるにも関わらず、雑ではないにしろ、大切に使うことはあっても、大切に扱うことはほとんどの人がないです。

例えば、お金は生き物でして、動いてます。人から人へと循環しています。
実は、この世の中で一番欲しいものでありながら、一番汚れてるものでもあります。ばい菌だからです。
そんなお金を掃除したりする人はほとんどいないです。

私が実践してるのは、二つです。

お金を入れる財布はそこそこの物を使うのと、長財布にしてます。
折るタイプの財布だとお金の気持ちになれば窮屈です。
なので長財布にして、お金にゆったりと居心地良く私の財布の中で過ごしてもらってます。
居心地良くするためには財布の中身を綺麗に整理整頓しておく必要があります。

photo

また、ここがポイントなのですが、お金を綺麗に掃除します。
毎日1回、その日の晩にお金をお札なら一枚一枚、小銭も一枚一枚、全て拭き掃除をします。
「ありがとう」という気持ちを込めて掃除をします。
そして、次の日に綺麗になったお金を気持ちよく使ってあげるのです。

これらをすることで、お金に対する意識が変わります。
お金を非常に大切に扱うようになります。
ケチになるという意味でなく、丁寧に扱うという意味です。
そうなると、お金のありがたみが感じられるのと、綺麗にしたお金を使うことに嬉しさを感じます。
ありがたく使わせて頂く、それでいて気持ち良く使えます。

この思考が植えつけられると自然と金銭感覚が向上し、金運もアップしていきます。

知る人ぞ知る金運スポット「銭形砂絵」で金運アップ!

最近お金の出費がひどく悩んでいました。

人生初のアキレス腱断裂を経験し10万以上の医療費。
さらに車がパンクしてすべてのタイヤを変えること9万円。
災難は続くと聞きますが、収入以上に出ていく出費が痛いです。

これは金運を味方に付けるしかない!
そう思った私は金運スポットへ出かけることにしました。

訪れると宝くじの当選も夢ではない!?と言われる香川県の「銭形砂絵(ぜにがたすなえ)」です。
1633年に一夜で作り上げたと言われる「寛永通宝」と描かれた銭形砂絵が見られます。
近くで見ると分からないのですが、展望台に登るとその全貌が明らかになります。
とても砂で作られたとは思えない立派な砂絵です。
縦122m、横90m、周囲は345mにも及びます。

photo

日差しの関係上、一番おすすめな時間帯が14時ころです。
くっきり見られるのと、その背後に浮かぶ瀬戸内海が絶景です。
さらに視界が良ければ今治市のしまなみ海道を望むこともできます。
金運を上げるために訪れたことを忘れるくらい景観を楽しめます。

訪れたのをきっかけに、宝くじが当選したことはありませんが災難は起こっていません。
そしてなにより「金運が上がる!」と自己暗示をかけることができます。
不思議と現在は家計の収支がプラスなんです。
やっぱり金運スポットの効果なのかもしれません。
1年に1度は訪れたい銭形砂絵です。

去年から始めた「玄関とベランダの毎日の掃除」で金運アップしました

私はあまり占いとか風水には関心がないほうでした。
けれど、一昨年、金銭面で大きなトラブルがあり、かなり厳しい状況になったのをきっかけに、「なんとかしたい」と思うようになりました。

ちなみに、私は自営の小売業なので、収入は一定ではありません。
日銭商売ですので、常に収入の不安はあるわけです。

で、去年の年頭から「玄関とベランダの掃除の徹底」を実践するようになりました。
妻が友人から勧められた金運アップの方法なのだそうです。
確かに、玄関とベランダは「気」の出入りするところですから、そこをきれいな状態に保つことは、運を開いてくれるにちがありません。
私にもそれは説得力があるように思えましたので、妻と一緒に実践することにしたのです。

photo

商売で私が早朝に仕入れに行く時は妻が、そうでない時は私が、毎朝掃除をします。
玄関は必ず「拭き掃除」もします。
チリ一つ落ちていない玄関というものは、本当に気持ちの良いものです。

ベランダの方は妻が趣味で草花を育てていますので、ちょっと掃除しづらいのですが、一度大掃除をして、それから毎日こまめな掃除を続けることによって、きれいな状態が無理なく継続しています。
そのおかげだと思っているのですが、昨年の後半から店の売り上げがアップしてきました。
ライバル店がなくなったことと、新しい大口のお得意さんができたことがその理由ですが、その大本には、掃除をすることによって我が家の「気」が良くなったことがあると思っています。

我慢はしないことが金運アップの秘訣でした。

以前と比べて収入が格段にアップしたわけでもないのに、金欠で悩んだり苦しんだりということがなくなってきました。
大したことはしていないのですが、心がけたことが部屋をきれいにすることと我慢をしないこと。
この2点だけです。

部屋をきれいに保つことは風水でも知られていますように金運を良くするためには必要なことです。
気分的なことが理由のように思われますが、それだけではありません。
物が少なければ片付ける時間も少なくてすむし、あれがないと探すことも少なくなります。
そして物がごちゃごちゃしているからと収納ボックスやファイルなど新たに買い足すこともしなくていいので結果的にお金を使わなくてすむようになります。

そして我慢をしないというのは何かといいますと、要は本当にほしい物は「買う」ということです。
もちろん生活費を圧迫するほど高額な買い物はしませんが。
たとえば5000円のある物が欲しかったとしましょう。
高いし節約しようと我慢しますとやはりストレスがたまります。
結果的に5000円のは我慢したからかわりに1900円のこれならいいよね・・・と大して欲しくもない物を増やしお金を無駄にしてしまいます。
それだったら最初から本当に欲しい物を買ってあとの生活はいい気分で節約した方がよっぽど良かったと思うのです。

要は自分にとって心地よい空間を作り、本当に欲しい物だけを買う。
こういったことを繰り返しているうちに無駄使いが減り、イライラすることも減ります。
ストレス発散の無駄遣いもなくなりますので、何となく金運がアップしたような感覚になっています。

金運が開けた、心当たりについて

私が「金運」が開けたという体験をした経緯を書いてみます。

もともと、あまりお金に欲の無い「性格」です。
というのは、ショッピングモールに出かけて楽しいと思う事は少なく、人混みと購買意欲をそそる為のディスプレイ、流れる音楽、それらが自分には「不愉快」なので、あまり近寄りません。
どちらかというと、ガソリン代さえあれば、見たい景色の広がるところへ車を走らせたりという事にお金を使うのと、神社巡りが趣味なので、初穂料の「お賽銭」は必要です。
お賽銭は別に財布を用意して、小銭に困らないようにしています。

という前置きが長くなりました。

金運といえば、メジャーなのは、「トイレ掃除」です。
これは、案外と即効性があります。
丁寧に、心を込めて、厠(トイレ)の神様を喜ばせるように行うと、思わぬ臨時収入があったりします。

それから、私がいつの間に自分で行っている習慣なのですが、一日の終わりに「財布」を綺麗にする事です。
具体的には、アルコールティッシュで、財布の表面を拭き、中の仕切りなども拭き、札の方向を揃えたり、小銭を1円5円、10円と硬貨ごとに分けておくなどの作業です。
お金の出入りする場所を綺麗にしておくことで、「運」の巡りが良くなるのかな、と思っています。
大金が入るなどは無いですが、小さな「ラッキー」が入り込む体験は有ります。

photo

Proudly powered by WordPress
Theme: Esquire by Matthew Buchanan.